2011/08/04

[感想文]ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」



三行レビュー

ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」どうしてアメリカ大陸のインディアンが海をわたってヨーロッパを征服することにならなかったのか?どのようにして世界は今の姿になったのかを解き明かす。世界史の見方が変わる本。

感想

世界はどうして今のような姿になったのだろうか? 白人がアメリカ大陸の先住民族を征服したように、インディアンがヨーロッパへ渡り白人達を征服しなかったのはなぜか?紀元前11000年には同じように各大陸で狩猟採集生活を送っていたそれぞれの民族が、なぜ異なる発展を遂げ、西暦1500年に出会ったときには全く違う文明を持ち、あるものは征服する側、あるものは征服される側となってしまったのか? その原因は、究極的には、環境が全てであり、民族の優劣の差などではないと著者は説く。

ユーラシア大陸は、東西に長いため、文化や技術の伝播が早く、これが最大のアドバンテージとなった。アメリカやアフリカは南北に長く、これは文化の伝播にとってはマイナスの要因に働いた。また、人口密度を増やし集権的な政治体制を作り上げることが技術や軍事力を高める方法であり、そのためには集約的な農業を開始することが必要だった。そのための有利な材料は、ユーラシア大陸に非常に多く偏って存在した。

要約してしまえば上記のとおりの内容だが、この結論に至るまで気象学、生態学、進化生物学、地質学、古代生物学、実際に何年もニューギニアなどで暮らして行ったフィールドワークによる知見、こういった非常に広範な内容の集大成としての歴史科学の書である。実際、この本の隠れたテーマの一つは、歴史学はどこまで科学になれるか?であり、著者はエピローグで科学になれると結論付けている。

という表裏のテーマに基いて語られる本だが、超面白い。
「進化がなければ、生物学は雑多な事実の寄せ集めに過ぎない 」とリチャード・ドーキンスが言っているが、人間の歴史学において同じように一般的な法則を見出そう、という野心的な試み。既存の認識や理論との衝突が多く、そのために既存の学説への批判のために裂かれた文章の割合が多く、その辺が冗長になっている印象もある。特に下巻はその色合いが強く、上巻の10章までとあとエピローグだけでとりあえずの内容は理解できそう。

2011/08/02

[感想文]羽生善治「大局観 自分と闘って負けない心」



感想

大局観というのは将棋や囲碁の外でもたまに使われることばで、目先に囚われず大局をみる、俯瞰的にを物事をみる、という風に使われる。

しかし羽生善治の使う「大局観」にはもう少し厳密な意味がある。
ロジカルに手順をシミュレートして最良の手を探る「読み」とは異なり、むしろ「読まずに」局面を見て引くべきか押すべきかを判断し、無駄な読みをしない能力だという。論理的に説明できる「直感」とも異なり、説明しづらいものだという。

思うに、この大局観とはものの見方、考え方と言うより、熟練の職人の勘や経験に近いのではないのかと思う。精密な測定機でようやく発見できるような歪みや曲がりを職人は見たり触ったりしただけで見つけてしまうが、なぜそんなことができるのか?と聞いてもほとんどの職人は説明できない。
その理由として職人はロジカルな考え方や人にものを教える訓練を受けていないから、と考えられがちだが、ロジカルシンキングの極北とも言える棋士の頂点に立つ羽生善治が、この大局観とはロジカルな説明が難しいと言うのである。

職人の下では人が育たないというが、彼らのスキルを単純に受け渡しのできる知識のようなものと考えることに、問題があるのではないかと思い至った。
どう伝えるかではなく、どう身につけさせるかが重要ではないのか?という示唆を含んでいる。
これは将棋の師匠は弟子に将棋を教えない、という所にも通じている。

どう身につけさせるか、というヒントを将棋の世界に求めるのであれば、例えば将棋では対局の後に感想戦を行い、これが棋士にとっては非常に大きな成長の糧になるという。
これを応用すれば、終わったプロジェクトの反省会、感想戦のようなものを取り入れることには効果があるかもしれない。過去トラの集積にもなるし、自分の関わった仕事を一旦離れた視点から見ることも非常に有意義だと思う。
普通、終わった仕事のことなどはもう考えたくないと思うものではあるが…。

この本は流し読んでしまえばよくある自己啓発本のような内容とも言えるが、何か引っかかりさえ見つかれば、どこからでも新しい発見のある良い本だと思う。