2013/06/14

[感想文]萩原清文 「好きになる免疫学」



三行レビュー

かなり分かりやすい構成のよい入門書だとは思うが、サプレッサーT細胞のような現在は疑わしいとされているような内容もあり、2001年から10年異常が経過して最新の知見によって色々と変わってしまっているため、もう少し最新の情報に触れたほうがいいかもしれない。

感想

はしかなどは一度かかればほぼもう二度とかからないといわれるのに、どうして狂犬病の予防接種は毎年受けなければならないのか?そういった疑問を持ったのだが、免疫についてあまりちゃんと調べたことがなかったので読んでみた。
が、ワクチンの仕組みについてはあまり記述がなく、生ワクチンと不活化ワクチンの違いなども書かれていなかったのでちょっと肩透かし。
要は不活化ワクチンは効力が短く、生ワクチンや生きたウイルスに感染して獲得された免疫の効力は長いから、ということだが、そのメカニズムは分からなかった。

ワクチンについてより、リウマチや花粉症、そしてガンと免疫のかかわりについて触れられた項目が多いのだが、いかんせん10年以上前の本のため、基本的なことは学べるがどこまで今正しいのかよく分からないのが微妙だった。

最新版書かれないんですかね。


2013/06/11

[感想文]山本七平 「日本資本主義の精神」




三行レビュー

なぜ日本にはブラック企業などというものが存在するのか、どうしてなくならないのか。1979年に山本七平が指摘していた答えがこれ。日本人の不思議な労働観と日本式資本主義の正体に迫る論考。

概要

日本において資本主義がこれほどの成功を収めたのは、日本固有の社会構造や精神性が資本主義という仕組みを非常に上手く利用できるものだったからである。

2013/06/05

[感想文]齋藤 勝裕 「へんな金属 すごい金属 ~ふしぎな能力をもった金属たち~ 」



三行レビュー

「金属」がテーマの雑学集。冒頭で述べられているが、周期表の元素92種のうち70種類が金属である。広すぎて「金属」というくくりにほとんど意味がないのではないかとは思うものの、歴史から現代科学にわたる金属の雑学が広く浅く得られて面白い。