2014/06/25

[感想文]NATROM 「ニセ医学に騙されないために」




三行レビュー

ニセ医学で商売をする詐欺師は、健康問題で悩む人間の弱みに付け込む。彼らが奪い取っていくものは金だが、被害者は時に健康や、貴重な人生の残り時間さえ損なってしまう。そんな悲劇から自分や家族を守るため、ぜひとも読んでおきたい一冊。

感想

趣旨としては三行レビューで書いたとおりの本だが、この問題を取り巻く状況はなかなか難しい。

私の妻も怪しげな痩せるサプリを一時期常飲していた。そんな効果の根拠も分からない、誰がどこで作っているかもわからない怪しげなものを飲むのは止めたほうがよいと再三忠告したが、止めさせるのにずいぶんと時間がかかった。
知人はある助産院で出産したそうだが、その際には周囲の人間が止めるのも聞かずに助産院に勧められるまま臨月近くになって山登りなどを行ったそうだ。恐ろしい話だ。

残念なことだが、人間は自分の見たいと思うものしか見ないし、信じたいことしか信じない。
痩せたい、と思っていたり、健康に不安を持っていたり、深刻な病に冒されている人にとって、「たったこれだけでその悩みは解決する!」という甘言の誘惑を振り払うことは、大変に難しい。

本書は、このような人の心の弱みにつけこむニセ医学の根拠のなさや危険性を指摘し、標準医療に対する偏見や誤った認識を改める。

著者のNATROM氏は10年ほど前からNATROMの日記というウェブサイトで、情報発信を続けて来られた方である。私は2006年頃にmixiでドーキンスの本について書いた感想にコメントをもらって以来の読者だが、かなり長期間にわたって、公に向けてこの種の議論を展開しており、信用のおける著者である。
その長期にわたる活動の中から、たとえばステロイドの問題、がんの化学治療の方ががんそのものより危険であるというデマ、ホメオパシー、根拠に乏しい健康食品など、日常で出会う可能性の高いニセ医学商法とその危険性について簡潔にまとめられており、非常に価値のある一冊である。

ただ、この本がそのようなニセ医学商法に対する有効なカウンターになっているか、というと、なかなか効果は上がらないのではないかと私は思っている。
ニセ医学商法は、人の不安を煽り、正常な判断力を失わせ、思い通りに被害者を操ろうとする。この種の詐欺は、論理よりも人の心に訴えかけるものであり、多くの場合、どんな正しい根拠に基づいた論理的な説得よりも強い。
この本を読んで納得できる人はよいが、何か難しい理屈が並べてあって、よく分からない。もっと安心させてくれる話はないのか、という需要に応えることは難しいだろう。そして、そのような需要を持った人々こそ、ニセ科学商法の主要なターゲットである。

これらに対抗するには、彼らと同じ手段を取る事が有効であると思われる。徹底的にニセ医学商法の危険を煽り、その恐怖や危機感を利用してこのような悪徳商法から遠ざける方法である。
しかしながら、この本の記述は、あくまで冷静かつ論理的であり、様々なケースについて「危険な場合もある」「この主張はこのケースに限って言えば正しい場合もある」など、危機感を煽って感情に訴えかける文章とは言い難い。
しかし、これがNATROM氏の誠実なところである。あくまで科学的な根拠に基づき、事実を積み重ねてニセ医学の正当性を否定するし、それ以上のことはしない。するべきではないのだろう。
それ以上のことは、この本を読んだ個人個人の仕事である。

結局のところ、最終的に自分や家族をニセ医学商法の危険から守るのは自分自身である。このような本を読んで正しい知識を得るだけでなく、お互いの言うことなら無条件に信じられる、と思われるほどの強い信頼関係を築くことでしか、確実に身を守る方法はないのかもしれない。

ニセ医学商法の被害者が増えれば増えるほど、このような商法に手を染める人間の懐は潤い、その資金によって営業を行い、広告を打ち、被害者は拡大再生産されることになる。この本がもっと多くの人に読まれ、被害者が減ることを祈るばかりである。


0 件のコメント:

コメントを投稿